見た目も大事!窓の位置の決め方

玄関近くに窓を配置するポイント

注文住宅を建てるなら、外観も見栄え良くしたいものです。外観を決める上で、窓が果たす役割は大きなものがあります。完成した建物の外観がしっくりこない場合、窓の大きさや位置などが原因であるケースが少なくありません。建物の形やデザインによって、合う窓や合わない窓が出てきます。たとえば、玄関の近くに窓を配置する場合、窓の形や大きさによっては平凡な印象になります。それは、玄関近くに引き違い窓を設置する建物が多いからです。特に間口が広くない建物に引き違い窓を採用すると、平凡さが一層増します。 お洒落な外観にするには、縦長や横長、真四角など洗練されたデザインの窓を採用するのが一つの選択肢です。そして、玄関から窓を離すことで、壁を大きく見せることが出来ます。

窓を並べて配置するポイント

注文住宅の窓を配置するポイントは、窓の特徴を把握して揃えることです。同じ機能を持つ窓であれば、高さを揃えることで外観に統一感を与えます。統一感は、建物の見た目の良さを引き立てるものです。但し、上階に引き違い窓を二つ並べて配置すると、位置によっては窓が人の顔の目に見えたりします。そうなると建物全体のデザインが洗練されたものでも、人の顔の印象によって魅力が損なわれてしまいます。それ故、窓を並べて配置する際には、窓間の距離も大事だと言えます。一方、異なる機能の窓であれば、高さをずらすことでお洒落感が演出できます。この場合は揃えるよりもセンスが問われるので、専門家などのアドバイスを受ける必要があります。