住宅設備の決め方のポイント

キッチンは家族のライフスタイルも考慮

キッチンを選ぶ際にショールームに足を運ぶと、高機能な食器洗乾燥機やレンジフード、スタイリッシュでオシャレなガラストップのコンロなど、様々な機器を目にすることができます。ついあれもこれもと入れ込むと、予算はあっという間に膨らんでしまうため、優先順位を考えて選んでいくようにしましょう。また、普段料理をする人の好みで考えてしまいがちですが、家族のライフスタイルも考慮しておくことが大切です。ホームパーティが好きな場合や、子供と一緒に料理をする機会が多いような場合は、広々と使えるオープンキッチンにしてみてもよいでしょう。また、キッチンのレイアウトを考える際には、冷蔵庫や食器棚との位置関係も考慮して、動線がスムーズになるようにプランすることが大切です。

浴室はお手入れのしやすさを要チェック

注文住宅の浴室には、オーダーメイドでつくる湿式工法と、ユニットバスなどの乾式工法の二通りがあります。ユニットバスは、施工が簡単である上に、様々なデザインや性能を持つものも増えてきていることから、たくさんの人気を集めています。浴室を選ぶ際に注意したいのは、日々のお手入れのしやすさです。浴室は、その日の疲れを癒す場所でもあり、同時に水や石鹸などを使用する場所でもあるため、こまめなお手入れが必要になってくる場所です。排水口の形状や床の仕様などもチェックして、楽にお手入れできるものを選ぶようにしましょう。また、壁や浴槽に暗い色目のものを選ぶと、全体的に高級感が出て落ち着いた雰囲気がでますが、石鹸カスなどの汚れはわかりやすくなります。メリットだけでなく、デメリットも確認した上で選ぶようにしましょう。